ふくやま大道芸とは

広島県福山市最大イベント 5月の「ばら祭」の2日間、中心部の商店街では、全国から選りすぐりの大道芸人が集結するフェスティバル「ふくやま大道芸」を2000年から開催しています。

 

街の十数か所のポイントやストリートでの華麗なるパフォーマンスで、ばら香る街中に笑いと感動の華を咲かせます。 また大道芸ステージでは、グランプリを賭けての熾烈な争いを繰り広げています。

 

パフォーマーの飛び散る汗・鼓動を感じて下さい。 きっとあなたに元気と感動が届く事でしょう。

― グランプリ大会 -

西日本一の規模と名高いふくやま大道芸では、毎年一組のチャンピオンが誕生しています。

 

独自の発想力と抜群のエンターテインメント性を兼ね備えた大道芸人たちによるグランプリ大会は見ごたえ十分であると同時に、大道芸のコンテスタントにとっての登竜門としても位置付けられています。

 

今年の栄冠は誰の手に!?

これから全国、世界に羽ばたく大道芸人をいち早くチェックしてください。

ー 街角パフォーマンス ―

福山駅前の商店街の各地で大道芸が繰り広げられています。

 

街行く先々に現れるロービングやスタチューのパフォーマンスが商店街を華やかに演出してくれます。

 

商店街や町の人々と大道芸人、両者の力が合わさって賑わいが生まれていきます。


ー 様々な企画 ー

グランプリ大会や街角パフォーマンス以外にも、様々な企画が用意されています。

 

一発芸大会は、第1回からすっかり人気企画となり、このために特別に芸を用意してくる芸人もいます。

 

スペシャルナイトは夜ならではの幻想的なステージ。

 

出演芸人の持ち込み企画があるとかないとか…

 

ご来場いただく皆様に120%楽しんでいただけるよう準備しております。


 

 

 

NPO法人えがおのまちづくりステッキ

 

NPO法人 えがおのまちづくりステッキ について

私たちは、今年で20回目の開催となる 西日本最大の大道芸フェスティバル「ふくやま大道芸」(観客動員数23万人 福山市調べ)の実行委員会として、これまで大道芸を通じて地域活性化に貢献してきました。またその中で3年前より、医療的ケアを必要とするために外出がなかなか難しい「医療的ケア児」とご家族にも、楽しいお祭りに参加してもらおうと、「ふくやま大道芸」へご招待したり、特別支援学校に出向いて大道芸をお届けする事業を始めました。

このような取り組みを行っていく中で、医療的ケア児とその家族を取り巻く社会課題を知ることとなりました。それは、医療的ケア児とそのご家族が、どうしても社会から孤立してしまいがちであり、また情報不足などから支援者など社会的資源になかなか繋がっていないという現実です。そこで、医療的ケア児・家族同士や、支援者などが一堂に会し、楽しく情報交換できる場を作るなどの活動も行うようになりました。

私たちは、大道芸という笑顔をお届けする企画を通じて、医療的ケア児など障がい児・者だけでなく、ひとり親家族など、どうしても社会から孤立してしまいがちな人たちなどに対して、直接・間接の支援や、これら社会課題の普及啓発・研修事業を行い、また福祉と掛け合わせた新しい地域活性化と観光の振興を図り、誰も取りこぼされない笑顔あふれるまちづくりに寄与することを活動の目的としています。

 

実績

20005     1回 ふくやま大道芸 開催

20175     18回 ふくやま大道芸開催時に、医療的ケア児の支援企画 実施

201710     第1回 医療的ケア児とその家族を支える会 実施。福山市すこやかセンターにて

20185     19回 ふくやま大道芸を開催時、医療的ケア児の支援企画(2回目) 実施

20187      広島県立福山特別支援学校PTA企画、児童・生徒・家族に対する支援企画 実施

20188      平成307月豪雨災害の被災地を訪問し、子供たちへの支援企画 実施

201810     第2回 医療的ケア児とその家族を支える会 実施。福山市すこやかセンターにて

201811     福山市商店街振興組合連合会の理事会において、ふくやま大道芸の企画運営

               及び医療ケア児支援を担う部門の独立ならびにNPO法人化についての了承を得た

2019129           NPO設立総会開催

20195月 24         広島県よりNPO法人設立認証をうけ、設立

 

NPO法人えがおのまちづくりステッキ

代表理事 猪原健

 

〒720-0824

広島県福山市多治米町5-28-15

TEL080-5759-2360 Mailnagatadnaoko@gmail.com (事務局・永田)